はしば内科クリニック
ご挨拶
診療案内
ご案内
院長略歴
院内設備
主な疾患に対する当院の診療方針
BG
トップに戻る
BG
はしば内科クリニック
主な疾患に対する当院の診療方針
 
こちらでは、主な疾患に対して当院で行う診療方針を院長の言葉で判りやすく解説しています。下にある疾患名をクリックして下さい。
 
気管支ぜんそく 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 睡眠時無呼吸症候群
高血圧 高脂血症 糖尿病
花粉症 心臓病 肺 炎
 
 
気管支ぜんそく
気管支ぜんそく
気管支ぜんそく何らかの原因により気管支でアレルギーがおき,気管支の筋肉が収縮すると空気が通りにくくなるため、息苦しくなります。その強い状態がぜんそく発作です。現在の治療ではぜんそくが完全に治ることは困難ですが、発作をなるべく起こさないように普段から予防的治療(内服薬、吸入薬)を継続して行い、重症化を防ぐことが大切です。発作を起こした時だけ治療を受ける状態が続くと重症化してしまう危険性が高まります。アレルギーのの原因となりうるものがあるかどうか調べ(採血など)、原因があればそれを避ける努力をすることも大切です。治療の目標は,発作を抑え肺の機能を正常とし,日常生活が送れるようにすることです。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
気管支ぜんそく
肺の中の肺胞と呼ばれる組織が破壊される肺気腫と,慢性的に気管支に炎症を起こし、せき、たんが多くなる慢性気管支炎とを併せて慢性閉塞性肺疾患(COPD)といいます。主な原因はタバコであるといわれています。進行すると運動時に息切れが出現するようになります。レントゲン検査、肺の機能の検査(スパイロメーター)により現在の呼吸機能の評価を行います。肺機能検査は症状が出現する前に機能の低下を知ることが出来るため有用です。治療はまず禁煙です。禁煙にはニコレットなどの禁煙補助薬を使うことも1つです。息苦しさに対しては吸入薬や内服薬で治療します。血液中の酸素が足りない場合は,酸素吸入を自宅で行うこともできます(在宅酸素療法)慢性閉塞性肺疾患(COPD) 当院では在宅酸素療法の導入、機器の設置のお手伝いをさせて頂きます。家に閉じこもりきりにならないで,外出・散歩など行い,無理のない範囲で体に刺激を与えることも大切です(リハビリテーション)。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
睡眠時無呼吸症候群
気管支ぜんそく
睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に一時的に呼吸が止まってしまう状態になる病気です。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。高血圧や心筋梗塞、脳卒中の原因となるほか、昼間睡魔に襲われ交通事故の原因となることもあります。
当院では携帯型の呼吸モニターをお貸し出しし、ご自身でモニターを装着して頂き(簡単です)自宅で睡眠中の状態について検査いたします。重症の睡眠時無呼吸が指摘された場合は持続的陽圧呼吸(CPAP)を行う機器を導入し加療いたします。中等度の場合は精密検査が必要となりますので、専門医院をご紹介いたします。まずは夜間のいびきが気になる方、熟睡感の乏しい方、お休み中息が止まっているように思えるご家族のいる方など、お気軽にご相談下さい。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
高血圧
気管支ぜんそく
高血圧を長期間放置すると、全身に障害をおこす危険性が高いことが知られています。具体的には、血管にかかる圧力が上昇し、血管の機能が低下します。このためコレステロールが溜まりやすくなり、血管に細い部分が出現し狭心症、心筋梗塞といった虚血性心疾患や腎機能障害、脳卒中を起こす可能性が高くなります。したがって、血圧を適正に維持し、これらの予防を計ることが重要です。当院では心臓肥大や動脈硬化の有無を検査し、合併症予防を目的とした治療を行います。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
高脂血症
気管支ぜんそく
高脂血症コレステロールや中性脂肪を始めとする脂質は体内で重要な役割を果たしています。しかし量が過剰となると動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋梗塞、脳卒中といった病気の危険因子となります。そのため血中コレステロール値を適正に保つことが重要です。当院では皆様の日常生活を一緒に見直し、一人一人にあった運動、食事、薬物療法を組み合わせて治療を行います。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
糖尿病
気管支ぜんそく
糖尿病は人間が生きていくためのエネルギー源として最も重要なブドウ糖をうまく利用できないために血液中のブドウ糖(血糖)が過剰となる病気です。血糖の高い状態が長期間継続すると様々な合併症が出現する事が知られており、なかには腎機能障害から透析導入となったり、網膜病変から失明に至ったり、動脈硬化から心筋梗塞を起こすなど重度の合併症も報告されています。糖尿病は現状では完全に治すことは難しい慢性の病気であり、長い目でつきあっていく必要があります。糖尿病は甘いものさえ取らなければいいと誤解されがちですが、実際にはトータルでの食事の管理が重要です。糖尿病当院では多彩な合併症を出来るだけ抑えるために皆様の全身の状態を診させて頂いた上で食事、運動、薬物療法を行うと同時に他科、他院との連携も行っていきたいと考えております。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
花粉症
気管支ぜんそく
花粉症いまや国民病といってもよいほど増加している花粉症。この病気はスギの花粉に対するアレルギーによっておこるものが最も有名ですが、ヒノキなど他の植物の花粉でもスギと同様の症状を起こすことがあります。花粉症の治療には症状を抑える治療と、予防を行う治療があります。症状が出てからの治療だけでは効果が弱いため予防的治療を行い、それでも症状が抑えきれないとき対症的な治療を加えるのがよいでしょう。当院ではスギを含めた花粉に対するアレルギーの有無を検査し(採血)、花粉の飛び出す2週間ほど前から予防的な治療(内服薬)を行うことをお勧めします。それでも症状が出現した場合内服薬の追加やステロイド点鼻を行います。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
心臓病
気管支ぜんそく
心臓病心臓に栄養や酸素を送っている血管が動脈硬化などの原因によって細くなり、胸が締め付けられるような痛みが出現する狭心症、狭心症がさらに悪化して心臓の筋肉が死んでしまう心筋梗塞、心臓の拍動のリズムが狂ってしまう不整脈などがあります。心エコー、24時間心電図などで評価し、病状によっては専門病院をご紹介します。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 
 
肺 炎
気管支ぜんそく
日本の死因の第4位を占めるなどいまだに恐ろしい病気です。特に高齢の方、何か基礎疾患を持っている方では重症化しやすく要注意です。当院では65歳以上の方、基礎疾患をお持ちの方にご希望があれば肺炎球菌ワクチンの接種を行っております。お気軽にご相談下さい。
 
▲ 主な疾患一覧に戻る
 

はしば内科クリニック
横浜市旭区白根5-12-10 安藤ビル2F
0 4 5 - 9 5 8 - 2 7 5 0

copyright(c) all rights reserved by HASHIBA CLINIC.